草加市議選 5人全員当選


5人全員当選を喜ぶ(前列左から)佐藤、後藤、平野、藤家、斉藤の各氏=2014年10月27日、草加市

5人全員当選を喜ぶ(前列左から)佐藤、後藤、平野、藤家、斉藤の各氏=2014年10月27日、草加市

26日投開票の埼玉県草加市議選(定数28=2減、立候補34人)で、日本共産党は平野厚子(54)、斉藤雄二(36)、佐藤憲和(29)=以上現=、後藤香絵(36)、藤家諒(27)=以上新=の5氏が全員当選して現有議席を確保しました。

当選が確実になったのは日付を越えてから。事務所に集まった5氏と支援者が激戦を勝ち抜いた喜びを分かち合いました。

選挙戦で共産党は、「生活が苦しい」という市民の声に応え、暮らしを守る党市議団の役割を訴えました。公約に国民健康保険税の引き下げや認可保育所の増設、奨学金制度創設などを掲げました。

5氏の得票合計は1万2738票(得票率15.29%)で、前回の得票を維持しました。

公明党は得票を増やして現有6議席を確保。民主党は前回当選3人でしたが任期中に2人離党し、1議席に後退しました。市長選で落選した木下博信元市長が市議選に擁立した新人も落選しました。(赤旗2014年10月28日付より)