「共産党伸びて」と期待 後半戦へ全力/県議席2.5倍を力に


埼玉県では、いっせい地方選の後半戦が行われる20市12町に77人が立候補します。県議選で議席を2.5倍に増やした経験を力にして、必ず全員当選を果たそうと日本共産党と後援会は全力を挙げています。

県議選で大きく得票を伸ばした所沢市と川口市。所沢市(定数33、3減)では、現職5、新人1の6人が立ち、川口市(定数42、2増)は現職5、新人2の7人が立ち、議席増に挑戦します。

定数2の県議選で議席を獲得した、ふじみ野市(定数21)と三芳町(定数15)。ふじみ野市では現有4から1増を、三芳町では現有3の確保をめざします。

補欠選挙を除く、定例の県議選で初めて議席を獲得した越谷市(定数32)では、現有2から4をめざし、前回失った議席の回復をはかります。

羽生市、幸手市、鴻巣市、神川町、長瀞町、横瀬町で空白克服をめざします。

共産党県委員会の荻原初男委員長は「県議・政令市議選では『安倍暴走ストップ、暮らし・福祉守れ』との県民の願いと党の訴えが響き合い、『もう日本共産党しかない」という声が大きく広がった。後半戦でも全員当選を勝ち取り、党躍進の流れをさらに前に進めたい」と話しています。(赤旗2015年4月14日付より)