埼玉知事の「安倍談話」評価 党県議団長が批判


安倍首相が14日に発表した戦後70年に際しての談話について、上田清司埼玉県知事が同日、「アジア諸国をはじめ世界各国との未来志向の関係を築くための確固たる意思が表明された」と評価するコメントを出しました。

上田知事のコメントに対し、日本共産党の柳下礼子県議団長は「『村山談話』を事実上投げ捨てた安倍首相の談話を評価したことは許されない」と批判する談話を寄せました。

上田知事はコメントで「我が国は戦前の失敗を教訓として、一貫して平和を希求する国家に生まれ変わった」としたうえで安倍首相の談話を評価。「談話が、今後も関係諸国との信頼強化を志向する日本のメッセージとして、世界に受け入れられることを願っている」と表明しました。

コメントについて柳下氏は、安倍首相の談話は、戦後50年の村山首相が示した、日本が「国策を誤り」「植民地支配と侵略」を行ったとする立場を事実上投げ捨てたもので「世界から批判されており、受け入れられるはずがない」と指摘。「上田知事がそれを評価するというのは安倍首相と同じ歴史認識だということを示している。『戦前の失敗』とだけ述べ、傍観者的な態度も首相と同じだ。県民の批判は免れない」と述べました。

(しんぶん赤旗2015年8月18日付より)