県政を県民の手に戻そう 埼玉4カ所 小池副委員長が演説


やぎした県議候補(右2人目)の勝利を訴える小池副委員長=2015年4月3日、所沢市

やぎした県議候補(右2人目)の勝利を訴える小池副委員長=2015年4月3日、所沢市

3日告示(12日投票)された埼玉県議選で、日本共産党の小池晃副委員長は、所沢、朝霞、川口、越谷の4市で街頭演説し「県民不在の県政を県民の手に取り戻す選挙。共産党に議案提案権をもつ8議席以上を勝ち取らせてください」と訴えました。

どの場所も多くの聴衆が集まり、声援や拍手がたびたび起こりました。

小池氏は「戦争立法」や年金削減など安倍政権の暴走政治に対する県民の不安が急速に広がるなかでの選挙戦だと指摘。「共産党の躍進で、埼玉から安倍政権の暴走にストップの声を突きつけよう」と呼びかけました。

改憲右翼団体「日本会議」に属する県議が教育への異常な介入を繰り替えす自民党の実態を告発。共産党以外の「オール与党」県議が、無駄な大型開発推進で弱者に冷たい県政に何でも賛成していると述べ「こんな県議では選ぶ意味がない」と批判しました。

そのうえで「共産党だけが自民党型県政と、一歩も引かず対決している。県民の痛みも願いも一番よく知る共産党に、県政、県議会を変える仕事をさせてください」と力を込めて訴えると、聴衆からひときわ大きな拍手がわきました。

やぎした礼子(所沢)、村岡まさつぐ(川口)=以上現=、金子まさえ(越谷)、苗村京子(三郷)、今村のり子(草加)、石島よう子(新座)、石川けい子(朝霞)、川上とよ子(和光)、前原かづえ(ふじみ野・三芳)、せとぐち幸子(富士見)=以上新=の各候補が決意を述べました。(赤旗2015年4月4日付より)

声援をうける(右から)小池副委員長と、前原、せとぐち、石島、川上、石川の各候補

声援をうける(右から)小池副委員長と、前原、せとぐち、石島、川上、石川の各候補=2015年4月3日、朝霞市

村岡県議候補(右)の勝利を訴える小池副委員長=2015年4月3日、川口市

村岡県議候補(右)の勝利を訴える小池副委員長=2015年4月3日、川口市

声援をうける(左から)金子、苗村、今村の各候補と小池副委員長=2015年4月3日、越谷市

声援をうける(左から)金子、苗村、今村の各候補と小池副委員長=2015年4月3日、越谷市