米軍機飛行に対応を 埼玉県平和委が県と懇談/柳下県議が同席


埼玉県平和委員会は9日、米軍機の飛行問題で県の基地対策担当者と懇談しました。日本共産党の柳下礼子県議が同席しました。

この数年、米軍輸送機C130の低空飛行が県西部の比企地域や県中部、北部など、これまでにない地域で頻繁に目撃されるようになっており、平和委員会は「傍若無人な飛行がまかり通っている」と批判しています。

二橋元長事務局長は「この上、横田基地にオスプレイが配備されると、埼玉上空を自由勝手に飛ぶことが予想される。飛行ルートを明らかにさせるべきだ」と述べました。

県は、ハワイでのMV22オスプレイ墜落事故を受け、北関東防衛局に事故原因の究明や横田基地配備について十分な説明を求める要望書を先月20日に提出したことなどを説明し、「県民の不安に応えたい」と話しました。

二橋氏は「さらに強い姿勢で『オスプレイは飛ぶな』と要求してほしい」と求めました。

平山武久代表理事は、住宅密集地で飛行する危険性の深刻さを指摘し、県の基地対策の強化を求めました。

柳下県議は「住民は騒音に加え、墜落の不安にさらされることになる。情報を共有し、安全を守るために力を尽くしたい」と語りました。

(しんぶん赤旗2015年6月10日付より)