埼玉の参院選情勢/共産勢い 自公警戒

埼玉県で日本共産党は、参院選の比例代表でも選挙区でも60万票・得票率20%以上の獲得をめざし、改選数3の選挙区では現職の自民・公明の一角を崩して18年ぶりの議席獲得に挑みます。

広がる共産党躍進の可能性をくみつくすために、▼戦争法廃止を求める「2000万署名」を党独自に得票目標と同数の60万集め、廃止世論のうねりをつくりだす▼連名ポスターを6万枚張り出し「ポスター第一党」になる▼10世帯に1カ所の全県27万カ所宣伝を行う―など「七つの作戦」を進めています。

 

5野党合意反響広がる

おくだ智子参院比例、伊藤岳参院選挙区候補を先頭に「戦争法廃止、国民生活第一の政治への転換」を訴えてきましたが、19日に「5野党合意」が決まると、これまで以上に大きな反響が広がっています。

「野党合意は本当か。あきらめかけていた。ありがとう」と駆け寄って署名する人や、ガッツポーズして激励する人もいました。戦争法廃止でたたかっている多くの市民運動・団体の人たちにも大きな希望と展望を与え、「共産党が粘り強く頑張ってくれたから」などの声も寄せられています。伊藤候補を自主的に応援する「勝手連」的市民グループも元気に運動を始めています。

埼玉県で共産党が比例代表で得た票の最高は1998年参院選での約51万票。60万票を獲得すれば、2014年総選挙の「県内第5党」から一気に「第2党」になる可能性も出てきます。
埼玉選挙区は、伊藤氏のほか、自民、公明、民主の現職が立候補を表明し、すでに激しい争いとなっています。

共産党は、戦争法強行後の8市町の地方選挙で25人全員当選を勝ち取りました。上尾市議選では3議席から5議席へ躍進し、新座市議選では過去最高の得票で6人当選を果たしました。

 

共産党攻撃躍起の自公

共産党の勢いに、自民党や公明党は警戒を強め、戦争法の正当化や消費税の「軽減税率」導入の実績アピール、なりふりかまわぬ共産党攻撃を繰り広げています。これまで取り組んでこなかった朝夕の駅頭宣伝やシール投票なども始めました。

共産党の荻原初男県委員長は「戦争法廃止をはじめとする安倍暴走政治ストップのたたかいを通じて、党と国民との関係の劇的変化がつくられてきましたが、『5野党合意』とそれに基づく真剣な党の活動は、党への期待と注目をさらに広げていると確信しています。自民党政治を根本から変える綱領を持つ党、国民共同の力で政治を変える党、安倍政権に代わる政権構想『国民連合政府』を提唱する党という日本共産党の値打ちと役割をすべての県民のなかに徹底して広げ、2000万署名、党勢拡大などやるべきことをやり抜くならば、目標は必ず達成できます。なんとしてもやりとげる決意です」と語っています。

(しんぶん赤旗2015年2月26日付より)

5野党合意“政治を前に” 各地で党宣伝

駅頭で訴える伊藤候補=2016年2月20日、さいたま市

駅頭で訴える伊藤候補=2016年2月20日、さいたま市

日本共産党の伊藤岳参院埼玉選挙区候補は20日、さいたま市の大宮駅前で街頭演説しました。野党5党が戦争法廃止、立憲主義の回復をめざして、国政選挙での最大限の協力をすることで合意したことについて「市民の力が政党を動かし、日本の政治の新しいページを開いた、市民革命的な出来事です。しっかり合意が実るよう、誠意をつくして頑張ります。力を合わせて自公を少数派に追い込みましょう」と訴えました。

バス待ちの人たちが訴えに耳を傾け、手を振って応える人や、「おーっ」と拳を上げる人もいました。

(しんぶん赤旗2016年2月21日付より)

伊藤選挙区候補を自主的応援 事務所がオープン

貧困問題で対談する伊藤候補(右)=2016年2月14日、さいたま市

貧困問題で対談する伊藤候補(右)=2016年2月14日、さいたま市

日本共産党の伊藤岳参院埼玉選挙区候補を自主的に応援する「G9(がく)サポ+No War」の事務所「G9サポーターズ・ステーション」が14日、さいたま市浦和区にオープンしました。

オープニングイベントには60人が参加し、交流やミニライブ、伊藤候補と反貧困ネットワーク埼玉の高野昭博さんとの対談を行いました。

高野さんは、年収1000万円台の生活から親の介護をきっかけに失業、路上生活へと転落していった体験を語りました。また、生活保護制度を知らせない、申請させないようにしている行政を批判しました。

伊藤候補は、誰でもさまざまなきっかけで貧困に陥る可能性があり、貧困問題の解決へ雇用や社会保障、教育など総合的に拡充する必要があると強調しました。

参加した女性(36)は「派遣社員の自分もいつ切られるかわかりません。やはり社会を変えなくてはと、ここに集まったみんなが思っているはずです。そのために伊藤岳さんを勝たせたい」と話しました。

G9サポではSNSを使った情報発信や宣伝などを行い、ステーションでは学習会や映画会などを開いていく予定です。

(しんぶん赤旗2016年2月16日付より)

広げよう2000万署名 願いずっしり/戦争法廃止へ街から家々から 約3万人分託す 党埼玉県委

共産党国会議員団に託された2000万署名を囲む(右から)伊藤、おくだ、塩川、紙、梅村の各氏ら=2016年2月5日、参議院会館

共産党国会議員団に託された2000万署名を囲む(右から)伊藤、おくだ、塩川、紙、梅村の各氏ら=2016年2月5日、参院議員会館

日本共産党埼玉県委員会は5日、参院議員会館で、戦争法廃止を求める「2000万署名」を、集約できた約9万人分のうちの2万9755人分を、紙智子参院議員、塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員に託しました。おくだ智子参院比例候補、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、支部の党員、地方議員らが参加しました。

紙議員は、4日の志位和夫委員長の衆院予算委員会での質問を紹介し、戦争法が自衛隊を海外に派兵し、殺し殺される事態を引き起こす危険性を具体的に示したと述べ、「絶対に許さないという国民の世論と運動が大事です」と語りました。梅村議員は「攻勢的にたたかい、参院選勝利で戦争法廃止の国民連合政府を実現しましょう」と訴えました。

おくだ候補は「やればやっただけ反響が返ってくるのが、この署名です。みなさんと一緒に頑張っていきます」と表明しました。

参加者は、「軒並み訪問で署名を集め、『自民党支持者だが、この法律は許せない』という反応があった」(戸田市)、「JA組合長らが署名を集めてくれている。担い手づくりが大事」(鴻巣市)、「朝霞駐屯地内の自衛隊関係者も署名してくれる」(和光市)など取り組みを交流しました。

共産党県委員会は、党員、後援会員、「しんぶん赤旗」読者に残らず署名を届け、力を借りながら、20日までに目標の半分の30万人分を集めようと呼びかけました。

(しんぶん赤旗2016年2月6日付より)

激戦区リポート 戦争法廃止の扉開こう/参院埼玉選挙区(改選数3) 伊藤候補 幅広い共同広げる

戦争法ノーの議席を多数派にと訴える伊藤候補=2016年1月20日、さいたま市

戦争法ノーの議席を多数派にと訴える伊藤候補=2016年1月20日、さいたま市

「昨年は『アベ政治を許さない』という言葉がはやりましたが、今年は『アベ政治を倒した』と言える年にしたい」。伊藤岳参院埼玉選挙区候補(55)=新=は、県内を駆け巡り、街頭や演説会・つどいの会場で訴えています。

 

「福祉YES」を

この間、戦争法廃止の国民連合政府実現へ、幅広い県民と懇談して、共同を広げてきました。貧困と格差をひどくする安倍政権を批判し、消費税増税中止や大幅な賃上げ実施を主張しています。

13日夜、「反貧困ネット埼玉」が取り組む、路上生活者などへの声かけ活動に参加した伊藤候補。生活保護費の大半を半ば強制的に徴収される「無料低額宿泊所」を11カ所転々としてきた男性らの話を聞きました。生活保護費削減の国の政治が生活困窮者を「貧困ビジネス」に追いやっている現状に怒り、「憲法の精神から外れ、国民に苦難を強いる政治を転換し『福祉YES』の政治にしなくては」と決意を新たにしました。

自民、公明、民主の現職と議席を争う埼玉選挙区で、伊藤候補は、戦争法推進の自公の2議席を突き崩そうと奮闘しています。

戦争法廃止を求めて運動する県民の中で、伊藤候補を応援する動きが広がっています。

 

勝手連呼びかけ

昨年9月、伊藤候補を応援する勝手連「岳サポ+NO WAR」が立ち上がりました。前回参院選では他党候補を応援していた男性がSNSで呼びかけたもので、他の野党の党本部で働いていた人や他の野党支持だった人なども加わっています。「戦争法を廃止する野党が多数になるためには伊藤さんを当選させなければ」との思いから集まった人たちです。昨年末には選挙勝利へ作戦を出し合うつどいが開かれ、2月14日には事務所を開所して本格的に活動を始めます。

「安保関連法に反対するママの会@埼玉」も埼玉選挙区で伊藤候補を応援することを決めました。

こうした動きに、特に公明党は「埼玉が一番危ない」と危機感を強め、共産党攻撃を強めています。自民党も候補者ポスターを、ここにきて一気に張り出すなど活発に動きだしています。

共産党は「ポスターでも第1党に」など作戦を立て、宣伝、対話・支持拡大で他陣営を上回ろうと取り組みを強めています。

幅広い県民の期待を受けて、伊藤候補の訴えに力が入ります。「戦争法を強行した自民、公明に退場の審判を下しましょう。共産党の躍進で戦争法廃止の国民連合政府の扉を開くために、何としても伊藤岳を国政に押し上げてください」(川島猛)

(しんぶん赤旗2016年1月25日付より)

市政動かす4氏ぜひ/埼玉・吉川市議選 勝利向け演説会

声援を受ける(右から)佐藤、遠藤、伊藤、塩川、雪田、小林の各氏=2016年1月10日、吉川市

声援を受ける(右から)佐藤、遠藤、伊藤、塩川、雪田、小林の各氏=2016年1月10日、吉川市

埼玉県吉川市議選(17日告示・24日投票)の勝利に向けて、日本共産党市委員会は10日、市内で演説会を開きました。定数20に対し29人が立候補を準備し、かつてない激戦が見込まれるなか、4議席確保をめざします。

佐藤せいじ(65)、遠藤よしのり(64)、小林あき子(65)=以上現=、雪田きよみ(55)=新=の4候補が決意表明。市民の運動と党市議団の議会での奮闘で、国民健康保険税や保育料の引き下げ、住宅リフォーム助成制度創設など実現してきたことを紹介し、市民の願いにこたえ、市政を動かしてきた党市議団の役割を強調。「4人を何としても議会に送り出してください」と訴えました。

塩川鉄也衆院議員は「市議選、参院選で日本共産党が勝利することで戦争法廃止の国民連合政府を強く後押しすることができます」と訴えました。

市政では、市が介護保険料の引き上げなど負担増を行うなか「それらに賛成する議員でいいのかが問われています」と指摘。18億円以上にふくれ上がっている市の財政調整基金などを市民のために使わせようと述べ、「国保税引き下げなど市民要求を前に進めるために4候補を勝たせてください」と訴えました。

伊藤岳参院埼玉選挙区候補があいさつしました。

(しんぶん赤旗2016年1月12日付より)