埼玉・久喜市 4氏全員当選


当選を喜ぶ(前列左から)平間、石田、渡辺、杉野の4氏=2014年4月21日未明、久喜市

当選を喜ぶ(前列左から)平間、石田、渡辺、杉野の4氏=2014年4月21日未明、久喜市

20日投開票された埼玉県久喜市議選(定数30=4減、立候補39人)で、日本共産党は、杉野修(62)、渡辺昌代(52)、石田利春(66)=以上現=、平間益美(59)=新=の4氏が全員当選し、現有議席を確保しました。

共産党の得票は、7071票(得票率10.89%)でした。自民党、公明党は現有議席を維持し、社民党は議席を復活。みんなの党は新人がトップ当選した一方で、前回トップ当選した現職が落選し、議席数は変わりませんでした。

市議選で、共産党の政策に対し、保守系や公明党の候補から「バラマキだ」などの攻撃がありましたが、共産党は「消費税増税などで市民の生活が大変なときに、市政が暮らしを守る本来の役割を果たすべきだ」と訴え、水道料金や国民健康保険税の引き下げ、小中学校へのエアコン設置などを公約して支持を広げました。(赤旗2014年4月22日付より)