国・県政の異常ただす 埼玉県議選南6区 青柳候補が訴え


「憲法と平和、暮らしを守る議席を」と訴える青柳候補=2015年4月7日、さいたま市見沼区

「憲法と平和、暮らしを守る議席を」と訴える青柳候補=2015年4月7日、さいたま市見沼区

定数2で激戦

埼玉県議選南6区(さいたま市見沼区)で、定数2を、自民、民主両党の現職と激しく争っている日本共産党の青柳しんじ候補=新=は、連日駅頭や街頭に立ち、「安倍暴走政治ストップの一票を、党派を超えて共産党の私、青柳しんじへ託してください」と訴えています。

小雨が降りしきる7日、早朝の駅立ちのあと、候補者カーに乗り込んで市街地や農村地域の路地を走り、各所でマイクを握りました。

青柳候補は、安倍政権の暴走や県政・県議会の異常をただすため、共産党が大きくなることが必要だと力説。県議会の自民党などによる高校教育への政治介入や明文改憲を迫る決議の強行など民主主義破壊の暴走政治がまかり通っていると述べ「こうした異常な政治の中心に座っているのが、見沼区の自民党県議です」と厳しく批判しました。

また、重症の子どもを治療する県立小児医療センターの移転を、知事が患者家族の不安を無視して進め、自民、民主の現職が弱者切り捨ての移転計画を後押ししていると指摘。「憲法と平和、暮らしを守れのみなさんの願いをまっすぐ届けるのが共産党の議席。さいたま市から送り出してください」と訴えました。

駅頭では、いつも他陣営と一緒の宣伝になりますが、他候補は名前の連呼。青柳候補だけが政策を語り、面識のない何人もの市民が「頑張って」と握手を求めてきます。

町なかでは演説が始まると住民が玄関の外に出て、じっと耳を傾ける場面も。演説に大きく手を振った女性(74)は「共産党は一人ひとりの声を真剣に聞いてくれる。今回は絶対に青柳さんに勝ってほしい」と話しました。(赤旗2015年4月8日付より)