戦争法廃止へ全力/塩川・梅村氏 さいたま


安倍内閣に代わる政権をと訴える、(右から)梅村、塩川両衆院議員と、おくだ参院比例候補=2015年9月19日、さいたま市

安倍内閣に代わる政権をと訴える、(右から)梅村、塩川両衆院議員と、おくだ参院比例候補=2015年9月19日、さいたま市

参院比例候補おくだ氏も

日本共産党の塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員と、おくだ智子参院比例候補は19日、さいたま市のJR浦和駅前に立ち、戦争法の強行採決に断固抗議し、「廃止に全力を挙げる」と強調しました。

その中で塩川氏は「戦争法が強行されても国民の広範なたたかいは収まるものではありません。戦争法を廃止するために安倍内閣に代わる政権をつくろうではありませんか。戦争法廃止の一点で政党、団体、個人が力を合わせ、国民連合政府をつくることを呼びかけます」と訴えました。

演説に市民が拍手や手を振って応え、上尾市の女性(53)は「国民の運動の力で、野党が強行採決反対で協力する状況をつくり出したと思います。政権を取るためには野党が結束してほしい」と話しました。

(しんぶん赤旗2015年9月21日付より)