●「政治を根本から変えよう」 塩川・梅村両氏が訴え 大宮駅東口

訴える(右から)梅村、塩川、山本の各氏=28日、さいたま市

日本共産党衆院北関東比例候補の塩川鉄也、梅村さえこ(埼玉15区重複)両氏は28日夕、さいたま市のJR大宮駅東口で街頭演説し「総選挙では、比例で共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

梅村氏は、「森友・加計疑惑」隠しの解散を批判し「お友達には大盤振る舞い、国民には消費税の10%増税を押し付ける逆立ちした政治を、根本から変えるチャンスです」と強調しました。:

塩川氏は、前回の総選挙で共産党が躍進し、北関東ブロックで1から2議席に増やしたことが市民と野党の共闘を前に進める力を発揮したと述べ「共産党を伸ポばすことが、(安倍政権を退場に追い込み、市民と野党の共闘を大きく広げる力になりますと述べました。

山本ゆう子衆院5区候補二も訴えました。

演説を聞いていた熊倉富士男さん(73)=久喜市=は「安倍政権の党利党略の解散は本当にひどい。ああいうやり方はよくない」と話していました。・

(「しんぶん赤旗」9月29日付より)

●埼玉15区の小選挙区候補が勢ぞろい 記者会見で梅村氏ら決意語る

日本共産党埼玉県委会員会は27日、梅村さえこ衆院議員(北関東比例・埼玉15区重複候裡)をはじめとする県内15小選挙区の候補者全員が出席して記者会見を開き、総選挙勝利への決意を語りました。

梅村氏は「国会では自公が3分の2の議席を占める中で横暴が続いている。自公を小数にするために、比例で頑張るとともに、15区から立憲主義・民主主義を守る新しい政治を実現したい」と決意を語りました。

荻原初男県委員長は総選挙の対決構図について「自民・公明と、その補完勢力対市民と野党の共闘だ」と摘。共産党県委員会の目標として、安倍自公と補完勢力を少数に追い込み、比例で70万票・得票率20%を獲得し、北関東プロックで3議席以上の獲得と、必勝区の15区をはじめとした小選挙区でも議席獲得をめざすと述べました。

(2017年9月28日付より)

●埼玉15区で「市民のつどい」 梅村衆院議員があいさつ

衆院埼玉15区(さいたま市南区、同桜区、戸田市、蕨市)で市民と野党の共闘をめざす「安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉15区市民の会」は6月24日、蕨市で「市民のつどい」を開き、450人が参加しました。
法政大学の五十嵐仁名誉教授が講演し、安倍政権が2020年までの9条改憲を狙い、「共謀罪」法の成立を強行するなかで、東京都議選は全国的な意義を持っていると強調。市民と野党の共闘の「『勝利の方程式』の正解を導きだすのは、みなさんの力です」と述べました。
元SEALDsメンバーで「市民連合」呼びかけ人の諏訪原健さんも「政治を私たちの手に」と題して講演しました。
日本共産党の梅村さえこ衆院議員(北関東比例・埼玉15区候補)があいさつ。安倍政権による「共謀罪」法の成立強行などを批判し「歴史を逆行する安倍政権に未来はなく、『私たちの前にこそ未来はある』と国会でたたかうことができるのは、市民のみなさんのたたかいがあるからです。総選挙で安倍政権を倒し、市民と野党の共闘を広げましょう」と呼びかけました。
自由党県連の松崎哲久代もあいさつし、民進党の高山智司元衆院議員、社民党県連台の武井誠代表がメッセージを寄せました。
(「しんぶん赤旗」7月1日付より)

●国保料大幅大幅値上げの危機 財政運営 都道府県移管ただす 梅村さえこ議員

 日本共産党の梅村さえこ議員は5月30日の衆院総務委員会で、市町村が運営する国民健康保険の財政運営が都道府県に移管(来年4月) されれば、国保料(税) の大幅値上げにつながる危険性があるとして、「住民の命と健康にかかわる問題だ」とただしました。
移管後の国保税について、国の計算式に基づく埼玉県の試算では、年平均13~17万円へと2倍に引き上がる市町村も出ています。
梅村氏は、塩崎恭久厚生労働相がこの間、移管によって「保険料水準を抑制していく」と答弁してきたと指摘。同省の谷内繁審議官が試算には国の財政支援が反映されていななどと弁明したのに対し、「負担増は起こらないと言えるのか」と追及しました。
谷内氏は「市町村の配慮で、みなさんが支払えるような水準になる」と答弁。梅村氏は「それには、各自治体が行う(国保料軽減のための)繰り入れを禁止しないことが不可欠だ」と述べました。
きいたま市に住む給与年収350万円の夫婦と子ども2人の世帯では、国保税が年38万円を超え、いまでも払えない実態を強調。とリわけ地方団体が解決を求める大きな矛盾が赤ちゃんとおとなが同額の3万円もの均等割で、「子育て支援に逆行している」と見直しを求めました。高市総務相は「厚労省が財政支援を検討している」と述べました。
(「しんぶん赤旗」5月31日付より)