上尾市議補欠選挙に戸口佐一氏を擁立

〈プロフィール> 1950年、埼玉県越生町生まれ。67歳。県立玉川工業高校佼卒。電気会社、エレべータ会社、(協)埼玉給食センターで電気技師として働く。上尾市原市団地自治会長を20年歴任。2012年、14年、17年総選挙立候補。妻と2人暮らし。趣味は家庭菜園と卓球。原市団地在住。

日本共産党上尾市委員会は、12月17日投票の上尾市議補欠選挙に、党市政対策責任者の戸口佐一氏の擁立を発表しました。
市民の声が生きる市政へ全力をあげます 戸口佐一
市長・市議会議長の逮捕問題は、市民の信頼を裏切る、許し難い不正・腐敗事件です。長年に渡る市民不在の市政を刷新し、「市民の声が生きる市政」「ガラス張りの市政」への転換が強く求められています。
私は、団地自治会運動をはじめ、市民要求の実現に、みなさんとともに活動してきました。今度は、市議会へみなさんの声を届け、その実現へ全力を尽くします。ご一緒に力をあわせ、公正・清潔な市政を取り戻しましょう。

市民参加で公正・清潔な市政を
日本共産党はみなさんと力あわせて実現します
①市長・議長汚職事件の徹底究明で、市民の信頼回復に全力
・情報公開を徹底し、ガラス張りの市政をつくります。
②新図書館・戸崎パークゴルフ場建設は凍結・見直しを
・税金の使い方を市民本位に切り替えます。
③市民の声を聞き、願いを実現する市政へ
〈子育て・教育〉
・こども医療費18歳まで無料に。
・保育所待機児童の解消。保育所保育料と学童保育料の軽減。
・プレハブ校舎の解消。少人数学級の復活。学校給食の無償化。
・「こども食堂」や学習支援など子どもの居場所づくりに取り組む。
〈福祉・医療〉
・国保税と窓口負担の軽減。介護保険料・利用料の引き下げ。
・知的障害児施設「第2つくし学園」の整備。
・「手話言語条例」の制定。
〈雇用・経済〉
・非正規の待遇改善、若者の雇用促進、ブラック企業の規制。
・地場産業、中小企業、農業の支援で地域経済の発展を。
・公契約条例の制定。住宅リフォーム助成制度創設で仕事を拡大。
〈生活環境〉
・循環バス「ぐるっとくん」の充実をはかる。
・自然環境の保全。市民が憩える公園、公民館をふやす。
・生活道路・通学路の整備と安全対策、河川の治水対策を強化。
・空家対策を進め、市民活動の交流拠点に。
④憲法を生かした平和と安心のまちづくり
・憲法9条を守り「非核平和都市宣言の街・上尾」にふさわしい平和行政を推進。
日本共産党の議席増で市民の声が生きる市政を

 

国保税の引き上げは絶対に許されませんー梅村さえこ前衆議院議員質問より

国保税が2・2倍?
梅村さえこ前衆議院議員質問の意義

埼玉県全県で1.4倍化の国保税見通し

埼玉県が、来年4月からの国民健康保険の県と市町村共同運営化に向けて、今年3月埼玉県国保運営方針(原案)と第2回の国保税シミュレーションを公表しました。
このシミュレーションは、最大の小鹿野町で国保税が2.2倍化をはじめ、飯能市1.37、入間市1.44、狭山市1・37、所沢市1.32化倍という、全国でも類を見ない引き上げ見通しでした。

市町村の国保への財政支援は、「解消されるべき赤字」?

しかも、運営方針原案には、市町村が、低所得者が多く運営の厳しい国保会計に、法定外の財政繰り入れをしてきたことを「赤字の補てん」だとして、平成33年までの6年間でこの繰り入れを廃止する計画策定と実施を押し付けるような文言が明記されていました。

国保の広域化は「国保税を納めやすくする」ためだったと指摘

5月、梅村議員は衆議院総務委員会で、国保の都道府県化は「国保税を納めやすい環境を整える」ために実施されるという塩崎厚労大臣の答弁を確認したうえで、埼玉県の最高2.2倍化という保険税シミュレーションを取り上げ、「広域化によって国保税の引き上げは絶対に許されない」と厚労省に迫りました。

繰り入れ解消計画が全面的に削除へ

そして9月には第3回国保税シミュレーションが公表され、小鹿野町の国保税で1.49倍、飯能市で1.15倍など、おおむね1.1倍程度に値上げ幅が縮減されました。また、市町村の法定外繰り入れ廃止計画の部分が削除となった点は最大の成果です。党埼玉県議団はじめ全県の市町村議員団の、繰り返しの議会での追及、埼玉県社会保障協議会の交渉や署名提出と国会の梅村質問があいまった成果です。この成果に確信をもちつつ、国保の広域化にあたっての国保税の引き上げは絶対に許さない、むしろ国負担の増額で一人1万円引き下げるため、梅村候補の議席獲得、さらにもう1議席をふやしましょう。

埼玉県内の小選挙区候補選挙事務所

衆議院小選挙区事務所連絡先
小選挙区事務所
住 所 電 話 FAX 個人サイト・SNS
1区 鳥羽めぐみ

 

さいたま市見沼区東新井  4-17 048-686-7069 686-7049  https://twitter.com/toba_megumi

https://www.facebook.com/megumi.toba.3

2区 平川みちや

 

川口市前川2-28-10 048-267-8411 261-3528 https://twitter.com/jcpsaitamananbu
4区 あさか秀義

 

新座市大和田4-18-45 048-478-7117 478-8207  http://www.jcp-niiza.com/asaka/
6区 戸口佐一

 

上尾市向山3-4-14 048-781-6111 781-6114 https://www.facebook.com/saichi.toguchi
7区 長沼ちね

 

川越市小仙波町3-13-4 049-226-5000

 

222-4821 https://twitter.com/tinenaganuma
8区 つじモトミ

 

所沢市上山口180-2 042-921-0703 921-0705 https://www.facebook.com/jcp.sai
9区 神田三春

 

入間市仏子774-5 04-2931-3742 2932-2840
10区 柿沼はるき

 

坂戸市千代田1-2-49 049-283-0318 283-0361
11区 柴岡ゆうま

 

大里郡寄居町桜沢      3315-2 048-581-0113 581-0408 https://twitter.com/shibaoka_yuma
12区 林ひでひろ

 

 

熊谷市瀬南34-2 048-523-2870 525-3760  https://twitter.com/hayashihide22
14区 苗村京子

 

吉川市栄町1444-5 048-972-4957 983-2631  https://www.facebook.com/kyoko.nae
15区 梅村さえこ

 

蕨市中央5-9-17 048-443-8332 444-6531  https://twitter.com/umemura_saeko

 

社民党埼玉県連合と日本共産党埼玉県委員会が政策協定 相互推薦実現!!

 

 

 

 

 

 

 

 

10月1日、社民党埼玉県連合の武井誠代表と中島修副幹事長が日本共産党埼玉県委員会を訪問しました。

荻原初男県委員長が応対し、13区池田万佐代候補、15区梅村さえこ候補を野党統一候補とする合意文書を正式にかわしました。

この合意に基づき、梅村さえこ候補は社民党推薦、統一候補となりました。

一方15区の赤岸雅治予定候補は、立候補をとりやめました。

 

 

 

 

 

 

 

なお、後日、立憲民主党の設立により、5区山本裕子予定候補、3区平野厚子予定候補は立候補をとりやめました。