消費税増税強行 怒りの声あげる時


日本共産党埼玉県委員会と、さいたま地区委員会は、さいたま市の大宮駅東口で宣伝をしました。伊藤岳参院埼玉選挙区候補や青柳しんじ県議候補、さいたま市議・市議候補らが増税ノーの横断幕を掲げ、「増税に怒りの声を上げよう」と訴えました。

「消費税増税に断固抗議する」と訴える伊藤氏

「消費税増税に断固抗議する」と訴える伊藤氏=2014年4月1日、さいたま市

伊藤氏は、「増税分は社会保障財源に使う」という政府の宣伝の偽りを告発し「増えるのは庶民の負担だけ。断固抗議する」と表明。「税収を増やすなら消費税ではなく、安定した雇用と国民の所得を増やして税収増を図るべきだ」と主張しました。

署名に応じた市内在住の女性は「増税は困ります。8%になる前から物価は上がっていました。さらに10%になったら大変。社会保障のために使うというけど信用できない。必要のない公共事業に使われているじゃないですか。考え直すべきです」と話しました。(赤旗2014年4月2日付より)

140401_05 140401_04 140401_03