梅村氏を国会に/サポーターがトーク企画

「梅ちゃんを知ろう! 語ろう!」―。日本共産党の梅村さえこ参院埼玉選挙区候補を応援する「梅村さえこサポーターズ」は22日、さいたま市でトーク企画を開きました。

さいたま地区労働組合協議会の前島英男議長が梅村氏と対談し、生い立ちや共産党との出会い、衆院議員時代に取り組んできたことを質問しました。

梅村氏は愛知県豊田市の兼業農家で自然に囲まれて育ち、戦争で苦労してきた母の話を聞いて「戦争だけはだめだ」との思いを持ったことが政治家としての原点だと語りました。

高校時代の管理教育に息苦しさを感じたこと、「新しいものを見つけたい」と京都府の立命館大学に入学し、日本民主青年同盟や共産党と出会ったこと、教師をめざしていたものの、大学卒業後は民青同盟の専従となる決意をしたことを紹介しました。

母には「アカにするために育てたんじゃない」と泣いて反対されたものの、「教育実習でものを言わない子どもたちを見て、政治を変えないと子どもたちは守れない」と政治の道に進んだと梅村氏。

衆院議員時代に、2015年の安保法制反対のたたかいを経験し、「先の総選挙で政権交代を掲げてたたかったことで、政治は確実に前に進んでいると感じた」と語りました。

各分野で活動する市民が梅村氏を激励。「反貧困ネットワーク埼玉」で活動する女性は「相談会などによく来てくれる共産党の議員さんは、一緒に活動する仲間。梅村さんも、路上生活者を支援する〝夜回り〟活動の常連で、本当に感謝しています」と語りました。

梅村氏は「コロナの感染者数は少し落ち着いても、いったん壊された雇用と暮らしは深刻。政治が果たす役割は大きく、変えていきたい」と応じました。

共産党の伊藤岳参院議員も「きょうを契機に、梅ちゃん(梅村氏)と共産党の魅力を一緒に広げよう」と呼びかけ、梅村氏は「埼玉選挙区で伊藤さんに続き、連続で議席を勝ち取るために全力で頑張ります」と訴えました。

参院選の勝利必ず/いわぶち氏が埼玉初演説

日本共産党の、いわぶち友参院議員・比例候補は活動地域に北関東が加わったことを受けて12月1日、埼玉県で梅村さえこ参院埼玉選挙区候補らとともに初めての街頭演説に立ち、「参院選では比例で共産党を大きく広げ、何としても全国で五つの議席を勝ち取らせてください」と訴えました。

さいたま市のJR浦和駅西口には多くの人が集まり、足を止める人や手を振り声援を送る人もいました。

いわぶち氏は、福島県出身の国会議員として、原発ゼロをめざし奮闘してきたと紹介。「北関東のみなさんとも、一緒に2期目に挑戦することになった。石炭火力も原発もなくし、本気で気候危機を打開する政府実現へ、参院選で大きな一歩を踏み出そう」と訴えました。

梅村氏は、ケア労働者への賃上げが前進したものの、不十分であり、抜本的な賃上げが必要だと強調。「いわぶちさんとの女性コンビで頑張り、埼玉からジェンダー平等を求める声を国会に届けよう」と呼びかけました。

塩川鉄也衆院議員と伊藤岳参院議員も、参院選での共産党の躍進を訴えました。

訴えを聞いた看護師の女性(60)=さいたま市=は「政府の出した看護師への給与増は少ない。共産党に医師、看護師不足を打開してほしい」と話しました。

左から伊藤岳参院議員、塩川鉄也衆院議員、いわぶち友参院議員、梅村さえこ元衆院議員

参院選埼玉選挙区/梅村さえこ氏擁立/記者会見

2022年夏の参院選埼玉選挙区(改選数4)への立候補を表明した日本共産党の梅村さえこ氏は15日、記者会見で「2年前の伊藤岳参院議員に続き、『なにより、いのち。ぶれずに、つらぬく』共産党の議席を何としても勝ち取りたい」と決意を語りました。

梅村氏は、総選挙の比例北関東ブロックでは議席に届かなかったものの、掲げた公約実現のために、「参院選で安倍・菅政治を引き継ぐ岸田政権を支える勢力を少数に追い込み、政治を変えることが必要」との思いから立候補を決意したと表明。改憲阻止や消費税減税、インボイス制度中止などの政策を語り「埼玉選挙区には女性の参院議員が1人もいない。ジェンダー平等へ埼玉から女性の国会議員を増やしたい」と訴えました。

同席した伊藤参院議員は、「国会で、市民と野党の共闘の立場で憲法を守り生かし、暮らしを守る勢力をもっと増やさなければ。私も梅村さんを当選させるため、一心同体で頑張りたい」と述べました。

埼玉・富士見/4人全員勝利を必ず/梅村氏迎え宣伝

埼玉県富士見市の日本共産党は2月27日、3月21日告示(28日投票)の市議選(定数21)勝利をめざし、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補を迎えて街頭演説を行いました。

現有3議席からの1増をめざす、川畑かつひろ、寺田りょう、小川たくみ=以上現=、木村くにのり=新=の4予定候補が、国民健康保険税や介護保険料を引き上げ、保育所や放課後児童クラブの増設をしない現市政を批判。市民の負担軽減や保育所・放課後児童クラブの待機児童解消、災害対策の強化、東武東上線西側地域への循環バス運行などの政策を語り「何としても4人全員当選を」と訴えました。

梅村氏は、コロナ禍の今こそ力をあわせて政治を変えることが必要だと強調。検査拡充や医療機関・中小業者への支援など「住民の声を届けるために、市議選で共産党を伸ばそう」と呼びかけました。

放課後児童クラブ保護者や大学講師の市民がマイクを握り、「子育て世代、地域の人の声に耳を傾け、市民の声を届けてくれる」「弱い者の立場に立って活動してきたのが共産党」と期待を寄せました。